せんせいのコラム

2020年8月11日

スーパーなお姉さま方(注:くだけた内容です)

         

足立みどり幼稚園は新卒の先生からベテランの先生方もいます。

ベテランの先生方を総称する時、本園では「お姉さま」と呼ぶ掟(おきて)があります。

ルールやマナーじゃありませんよ・・・「掟」です。

そんなお姉さま方も足立みどり幼稚園を支えてくれています。担任の先生だけじゃない所にも頼りになる存在がどれだけいてくれるか。またその働きっぷりがスーパーでして。一人で何人ぶん?という感じです。いつも生意気な理事長ですが、本当に頭が上がりません。いつもありがとうございます。

 

↓お姉さま方とヘルメットを試着していた理事長のようす

ヘルメットに消毒
交通整理の棒
アイスの棒
なぜかI☆YOKOHAMA

撮影:年少学年主任

 

あ、なんか持たなきゃ!ってその辺にあったもの持ったらこんな感じになりました。

 

そして、本園にはお姉様方がまだまだ他にもいるのです。

2020年8月11日

web説明会

         

本園では緊急事態宣言が出されてから「おうちえん 」というサービスを使い動画の配信を行ってまいりました。進級、入園まもなくの事だったので、先生と子どもたち、園とご家庭を繋げるためにとてもありがたいサービスでした。

http://kdkits.jp/ouchien/

そしてこの度、どこでも、好きな時に説明会を受けられるように園のHP上にweb説明会を設置しました。これでリスクがある中、実際に足を運ばずとも、お子さんを誰かにお願いせずとも説明会をのぞく事が可能になりました。実際の説明会と同じ内容です(スライドをもとに理事長が喋るというスタイルなので面白くはない)お時間のある時にご覧ください。

https://ouchien.jp/movie/1a364584-8959-4237-990d-ee119b0d2fa9

2020年7月8日

オンラインセミナー登壇

         

株式会社スマートエデュケーション主催のオンラインセミナーに登壇しました。全国の幼稚園・保育園・認定こども園の関係者約100名。参加費は無料のセミナーです。コロナウイルスを経験して今後の園運営はどうなっていくのか。特に園児募集と職員採用に焦点を当てた内容となりました。

持ち時間は10分。

自分の自己紹介に2分。

採用に4分。

園児募集に2分。

withコロナの話題に3分。

 

・・・持ち時間オーバー。

急遽盛り込んだ自己紹介が結果、不要だったと。他に登壇された方々に比べ私から皆様にお伝えできたことは少なかったので、力不足を感じたと同時に私自身が勉強になった登壇でした。

 

ご参加された先生方からいただいたメッセージ

「自己紹介良かったよ〜」

 

・・・。

精進します。

2020年7月4日

久しぶりの研修へ

         

緊急事態宣言が解除されたと思ったら再び感染が拡大していますね。リスク0にはできないのでどう付き合っていくかということを感染対策をしながら考えていかなければいけないのでしょう。人によって情報源が違うので、危機感も人それぞれです。今後はその園が定めたところで納得いけば登園し不安を感じられるのであれば自粛する等の各ご家庭の対応が必要になってくるかもしれません。基本的に多くの園では皆が通えるよう対策をしていますが、今以上となってくると現場の先生方は通常の業務に加え対策という作業と精神的な不安が重なってどんどん疲弊していってしまうのが現実です。当園でも引き続き対策は行ってまいります。ご心配なことがあればご遠慮なくご相談ください。新型コロナウイルス関連の窓口は全て理事長です。

 

さて、先日、久しぶりの研修に行ってまいりました。話題は様々ですが諸先輩方皆様アツい先生方ばかりでとても有意義な時間を過ごすことができました。

 

古郡先生、下田先生、西村先生、飯島先生、鈴木先生、籾山先生下島さん、西尾さん。ありがとうございました。次回はzoomで研修会。楽しみにしています。

 

 

↑↑なんだか私が皆様に教えているような、「できる風」な感じでしょう。本当は私がふざけた回答をして皆に、それはそれは冷ややかに見られているという写真です。

↑↑前職が全日空(ANA)の先生から講義を受けた後、それぞれがアイディア出しをしている様子です。

2020年4月2日

進級、ご入園おめでとうございます

         

昨日は令和2年度の入園式でした。

お足元の悪い中お越しいただきありがとうございました。

この状況の中、様々な制限を設けて実施する以外に方法はなく

式自体も縮小したもので執り行いました。

ご理解、ご協力いただきましたこと心より感謝申し上げます。

 

入園式では例年理事長の挨拶が次第に入っておりますが

割愛させていただきました。

すごく「話したい」訳ではないのですが、式中にお話できなかった

事を少しだけコラムの場をお借りしてお伝えします。

 

きっと子ども達は少なからず泣くし、行きたがらないです。

でも普通の状態です。

入園当初、進級当初は環境が変わりますからドキドキします。

かわいそうなのではなくて、環境の変化に全身で適応中と捉えます。

生まれてからわずか数年ですから、今までの人生の中で大きな出来事です。

私たち大人が一生懸命応援したいものですね。

先生達は大きな愛で迎える。

保護者の皆様は大きな愛で送り出す。

子ども達はそのうち「あ、ここは大丈夫な場所なんだね」と

感じるはずです。

私たち幼稚園としてはその日が1日でも早く訪れるように過ごします。

数年後、皆様と「そんな事もあったね!」と笑いながら

お話できる日がきっと来るでしょう。

令和2年度、どうぞよろしくお願い申し上げます。