せんせいのコラム

2020年4月2日

進級、ご入園おめでとうございます

         

昨日は令和2年度の入園式でした。

お足元の悪い中お越しいただきありがとうございました。

この状況の中、様々な制限を設けて実施する以外に方法はなく

式自体も縮小したもので執り行いました。

ご理解、ご協力いただきましたこと心より感謝申し上げます。

 

入園式では例年理事長の挨拶が次第に入っておりますが

割愛させていただきました。

すごく「話したい」訳ではないのですが、式中にお話できなかった

事を少しだけコラムの場をお借りしてお伝えします。

 

きっと子ども達は少なからず泣くし、行きたがらないです。

でも普通の状態です。

入園当初、進級当初は環境が変わりますからドキドキします。

かわいそうなのではなくて、環境の変化に全身で適応中と捉えます。

生まれてからわずか数年ですから、今までの人生の中で大きな出来事です。

私たち大人が一生懸命応援したいものですね。

先生達は大きな愛で迎える。

保護者の皆様は大きな愛で送り出す。

子ども達はそのうち「あ、ここは大丈夫な場所なんだね」と

感じるはずです。

私たち幼稚園としてはその日が1日でも早く訪れるように過ごします。

数年後、皆様と「そんな事もあったね!」と笑いながら

お話できる日がきっと来るでしょう。

令和2年度、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年10月20日

ありがとうございました

         

台風の影響で延期。
そして開催したものの開始前の雨により延期。
今日10月20日は開催予定だった会場が使用できず
急遽、幼稚園で開催する事になりました。
お手伝いの方々には何度もお越しいただき本当に
感謝しております。ありがとうございました。
そして最後に幼稚園に残って後片付けのお手伝いを
いただいた保護者の方々にも心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 幼稚園で運動会ができたらどんなに良いだろうという
思いは以前からありました。
でも無理だよね・・。っていう結論に至り今まで小学校で
開催をしてまいりました。
今回のような事態で、幼稚園で開催するしかないという状況
になった時、大きな不安と、大丈夫という気持ちがごちゃ混ぜに
なって、この1週間がとても長く感じました。
子どもたちは普段から練習を重ねた幼稚園ですから
特に心配はしていませんでしたが、保護者の方やご家族の方が
来園した時に、果たしてお子様の姿をしっかりお見せできるのか
この点だけが不安でした。
場所ごとに決まりごとを設け、競技ごとに柔軟に対応ができる
ようにし、「幼稚園でやるのも良かった」と言ってもらえなければ
ダメだという思いでこの1週間準備に費やしてきました。
先生たちにも大きなプレッシャーがかかった事と思います。
でもそれは無駄な心配でした。
当日の保護者の方々のマナーの良さ、ご理解。
子どもたちへの声援、あたたかい眼差しにより全く問題になりませんでした。

 こんな幼稚園、なかなか無いです。
保護者の方々の大きなご理解に最後お見苦しいところを
さらしてしまいましたが、こらえきれませんでした。
本当にありがとうございました。


そして先生たちも本当にお疲れ様でした。
仕事だけど、本当に気持ちが入った行事はやっぱり
感動するし、達成感がある。
ここに至るまでは本当に大変だったね。
ありがとう!
幼稚園の先生になって良かったと思える瞬間だった
んじゃないかな!?

 そして、さすが!足立みどり幼稚園の子どもたち!
みんなに元気をもらったし、感動をもらいました。
ありがとう!

 令和元年の運動会。
皆さまのご理解とご協力により無事に終えることができました。
本当にありがとうございました!

 

2019年10月2日

JAPAN

         

私は小学校の頃は本気で、高校生の頃は半分遊びで
ラグビーに携わっていました。
途中バスケに浮気しつつも10年程のお付き合い。

今、日本中がラグビーW杯で盛り上がっております。
「にわか」ファンだってなんだって良いのです。
盛り上がってくれるだけで嬉しい。

これは今までラグビーという競技をやった人なら
同じように感じている方が多いのではないでしょうか。

園だよりにラグビーの事について触れたコラムを掲載
したところ、翌日に年少さんの女の子がこの記事を
持ってきてくれました。

大金星の金と同じ金色のお手紙。

ありがとう!

 

2019年7月12日

夏祭り

         

数年前から模擬店と盆踊りを分けて行なっている夏祭り。
1日目は保育中に模擬店を行い
2日目は夕方から盆踊りを行います。
このような形式にしたのは
熱中症や小さなお子様がいる方への配慮
天候への対応等々さまざまな要素があります。

令和元年度、夏祭り。
無事に2日間執り行うことができました。
1日目のお手伝いのお母様方、本当にありがとうございました。
おかげさまで子どもたちはとても楽しかったようです。
そして幼稚園の文化や日本の文化を感じにきてくれた
アメリカからのお客様もありがとうございました。

2日目の盆踊り、スマホに穴が開くかと思うくらい
雨雲レーダーを見ていました。
雨雲かかってないのに雨は降るということを学びました。
当日の実施連絡となり保護者の皆様にはご心配をおかけしました。
あたたかいお言葉ありがとうございました。

そして先生たち、和太鼓の練習お疲れ様でした。
今年もカッコよかった!!夏祭りできてよかったね!

子どもたち、いつもと違う雰囲気の幼稚園に戸惑ってしまう
様子もありますが、それは仕方のないこと。
きっと良い思い出になると思います。
とても可愛い姿に先生たちも楽しませてもらいました。

 

2019年6月10日

時の記念日

         

そんな日あるの?
「時の記念日」
時間の大切さを尊重する意識を広めたいと制定された記念日だそうです。
もっぱら、学校や仕事が休みになるかどうか。
だけが記念日のセルフ判断だった私にとっては
そんな日あるの?
の日でした。
この日を初めて知ったのは時計業界で仕事を始めた時でした。
時計業界ではクリスマスとは言わないまでも海の日くらいの認識はありました。
(完全に私の印象です)

でも休みにはなりませんでした。
時計を買ってもらう謳い文句の日でもありましたから。

余計な話は置いておいて・・
幼稚園ではこの時の記念日について子どもたちに話をして
職員室の横の黒板の壁に・・・

・・・。

黒い壁です。
トイレの隣の。
下駄箱の少し先の・・
あまりに黒板として使っていないため
認知度低すぎる黒板として使える壁。

そこに先生たちが様々な時計や装飾をしてくれました。
ありがとう!先生たち!

時間の大切さ。
誰にとっても時間だけは平等に与えられていますから
やはり時間というものは大切です。
この時間をどうやって子どもたちに過ごしてもらおうか。
私にとってはそんな風に考えるきっかけの日でもありました。

ちなみに6月10日、本日が「時の記念日」です。